2015年07月04日

ニコニコに「邂逅」公開

順番をひっくり返したシャレじゃないです。 いわゆるガチ





邂逅

ニコニコ動画のマイリストはこちら
投稿作品のまとめはこちら


Yellow Magic Orchestra の「邂逅」を元ネタに、 いくつかの身の回りにおきた悲しい別れをモチーフに。
なので、歌詞の「いつか」は、とおい来世を意味している。
「来世でも会ってみせる」「来世に出会えたら、二度と離さない」という想い。
いつもと違って、歌詞に「遺す」の字をつかってみた。
こうすることで、「いってしまった」が「逝ってしまった」と直結できるはずだ。

しかし。「遺した『まま』」ってのは、ちょっとヘンじゃないか?

しかし2。気づいたら「もういちど」「もういちど」って、 同じ動機だからだけど 「もういちどあなたと」とかぶりまくりだ。


なんか A メロが間抜けなような、そんなような。 オルガン音色で仮メロディを入れたらそんな感じが。
UTAU でメロディを入れたらマシに。よかった。
2番のサビでボーカルがユニゾンになるところ。 わりとかっこいいと思ったのだがどうだろう。
歪みエフェクトをかけてみても良かったかもしれない。

Aメロにスピード感が欲しい、そう思ってドラムを 16分刻みに。
今回、ハイハットは使わない。 入れなくても十分と感じたので。
パターンにところどころ「ユキヒロ節」を入れたのだ。

ここのところ、サビ=前間奏 なのばっかり…。 間奏を、いっそ別のメロディにしてはどうかと思い、やってみたけど…。挫折。
コードがサブドミナント進行なのも、ワンパターンか。
そして「困ったときの Sus4」

前間奏の音は珍しく?オーバードライブをかけたリード音。
「一音だけ上ずらせている」のがミソ。
そして、今回も、サイン波のピロピロと Blip ? 音。


今回の、波音リツ・キレ音源の使い方。
prefix.map は使わない。
A メロは、A3 音階。 B メロは、D4 音階。
サビ前半は A3 音階、AME-6 と重なるところから D4/G4 音階。
一番 Bメロのサビへつなぐところは、音質の違いが目立たないように、 A3 音階へクロスフェードしている。


イラスト。 今回は一枚で。
背景をつけようとなんとかしてみた。
最初は近景〜遠景を描いてみたのだが、 木や森があって「生きている」感じが。 これはイメージじゃない。
近景の草原と遠景の山 だけに。
でも、山もないほうが良かったのだろうか?

今回は全てペイントで。 先日塗りを全てドローでやる、というのを試してみたが、ちょっと非効率かと。
その代わり、部分ごとにベタ塗りしておいて別レイヤーにコピー、 それをカラーマスクのもとにする、という手法を試してみた。
こちらのほうが効率よさそうだ。


twitter。積極的にツイートするのは、少々控えようと思う。
まず「ツイートする自分」にとても違和感を覚えた。
また、聞き手とつながりを持つ事で、いろいろ強制しているような気になってきた。
たしかに、会話はとても楽しいのだけれど。
これはネットコミュ障?
フォローしてくれてるみなさん、ありがとう。 やめるわけじゃないので、フォロー外さないで頂けるとうれしいです。

まあ、そんなこと言っておきながら、なにかあれば嬉々としてツイートするんだろう。
現にさっき、かなりツイートしたし。

追記:ほら見たことかー。ということで、もう解禁!


さて、曲のネタというかストックつきた。
posted by Syrup 2/3 at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/148499018

この記事へのトラックバック