2017年11月23日

ABILITY

DAW 乗り換えの第一候補は internet ABILITY → 保留

理由:出力数が変化する VSTi に対応できない(かもしれない)。

SampleTank3 を VSTi ウィンドウに入れたが、出力がステレオ 1ch のみ表示される。 SampleTank3 のほうで複数パートに別の出力を割り当てたが、ABILITY でそれに応じてシンセからの入力が増えることはなかった。
SampleTank2.5 の場合、最初から 16 の出力が見える(これはこれでうざい)。

試用版の制約かもしれないが、ドキュメントにはそれらしいことは書かれていない。
internet 社サイトの Q&A を調べたが、少し違う件ならヒット。 これと同様の対処が求められるのだとすると、SampleTank3 は使えない。 パート設定を変えても、一度 VSTi ウィンドウから外して再度読み込んでも、設定は初期化されてしまう。 SampleTank3 側でも、出力数を増やした状態を記憶することができそうにない。

詰んだ。
posted by Syrup 2/3 at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181656123

この記事へのトラックバック