2019年10月13日

ベニイトトンボの池の台風被害

ここは低い土地で、海まではけっこうあるのに満潮時は水かさが増すのだそうだ。

撮影
撮影
1m くらい浸水したということだ。 堤防の階段は最上段付近に水位の跡がある。 流された木材や水草が道路をふさいでいた。
池のふちが崩れないように囲ってあった杭や木材も浮いて流れているのが何か所もあった。
水草やハーブが流れて、ほかの場所で根付くのだろう、きっと。

撮影
カエルの死骸。

撮影
撮影
撮影
カニとカメはなんともなかったように見える。
イトトンボは、時期の終わりということもあるだろうが、ほとんど姿が見えない(いないわけではない)。
ギンヤンマはいたし、アオイトトンボはおそらく木の高いところで休む習性だから大丈夫なのだろう。

撮影
撮影
撮影
赤とんぼが、干上がるしかない水たまりに産卵していた。
posted by Syrup 2/3 at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186678967
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック