2019年10月25日

uDAC5 改造 … その2後日談

やっぱりダメ。さらに改造を進めることに決めた。

カップリングコンデンサとオペアンプの変更で、まあまあ良くなったとは言うものの、やはり何かおかしい。

よくよく調べてみたら、HPA の負電源が -2.8V しか出ていない。
32Ω負荷に 1.3Vrms かけたときに 4kHz〜12.5kHz の間でマイナス側がひずむので負電源の電圧を測定して気づいた。
データシートを調べてみたら、最大出力の値からするとこれで正しいようだ。 やはり大きな電圧を出すことができないアンプ IC なのだな。
16Ωとかの重い負荷であればよいのかもしれないが、常用ヘッドホンでは歪んでしまう。

であれば、ボリューム後のオペアンプをドライブ能力の高いものに交換し、その出力をジャックに接続してしまおう。
電源オン・オフ時のミュートが利かなくなるのはやむを得ない。
交換するオペアンプの品種には目星をつけた。

ひとつ心配なのは、負電源が電流ドライブに耐えられるかどうか。
電解コンデンサを足すといっても、容量はたかが知れている。
posted by Syrup 2/3 at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186726822
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック