2010年02月07日

カストロキャップ(2)

完全オリジナル金型で、再度挑戦。
形はほぼ思い通りに出来たが、布地が何枚も重なる部分が出来て、目標のサイズより小さくなってしまったのが、反省点。

キャップ

サイドクラウンとトップクラウンの位置決めをしているところ。文具のクリップを使うと、やりやすい。 これは、最初にカストロキャップの型紙を買ったサイトで紹介されている方法。なるほど、と思った。
もちろん、縫い合わせるときは ミシンの進行に合わせてクリップを外していく。なので、自分がやると縫うときにずれてしまうから、クリップはあくまで仮止め。しつけをしたほうが、仕上がりはよさそうだ。

キャップ

トップクラウンとサイドクラウンは、ミシンで縫うと難しそうだったので、時間がかかっても手縫いすることにした。結果、きれいにできたので、今後はこうしよう。

キャップ

キャップ

完成。今回は和風の布を使った。緑一色では面白くないので、赤い生地をアクセントに。トップクラウンにも少し使えばよかっただろうか。

サイドクラウン下側には、幅 2.5cm の帯を入れているのだが、ここを生地を重ねて作ったため、厚みが増してしまった。
サイドクラウンを一枚の布にして、この帯は段に折ることで作れば、生地の厚みはそのままになる。
キャップ

布の厚みを考えずにいたので、サイズが目標どおりにならなかったのが、唯一にして最大の失敗。形状がよくできただけに残念。
やはり、サイズ調整できるように作るか、ゴムを入れないとだめだろうか。
posted by Syrup 2/3 at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 手芸
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35188492

この記事へのトラックバック