2011年02月27日

急遽 カストロキャップ

このときの金型で再度、カストロキャップ作製。
柄ものの布地を使ったので、家人から「悪目立ちする」という指摘が。 ということで、単色の布地で。

キャップ
今回は縫い代寸法やしつけを丁寧にやってみた。
ちゃんとトップクラウンの縫い代に切れ込みを入れて、きちんとしつけをしたところ、サイドクラウンとの縫い付けがとても楽にできた。
やや厚手の布地(チノ)を使ったのだが、今回最も困難だったのは サイドクラウンとブリムの縫い付けだった。

キャップ
出来上がり。
そう。いかにもアーミーなオリーブのチノで作ったのだった。

キャップ
実は直前にこの布地で別の形の帽子を作っていた。 ところが、この帽子でアーミーコートを着ると、すっげえアヤシイ人になってしまったのだ。
それで急遽 カストロキャップを作った、というわけ。

でも。今度は帽子もコートもミリタリーなものだから、それはそれで非常にアヤシイ。


今回、作りは(ブリム縫い付け以外)ほぼ完璧だった。ブリムは前回の反省から ちゃんと 1cm 縮めて作ったのだが、トップクラウンの高さをそのままにしてしまったので、やっぱり耳がつかえる。
そして、なぜかわからないが、サイズが 3cm くらい大きくなってしまった。前回作製したとき、金型よりも小さく作ったっけ??

キャップ
サイズテープの裏に低反発ウレタンを縫い付けてみた。しかしちょっとふちの処理が失敗しているので、手直ししたいと思っている。
posted by Syrup 2/3 at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 手芸
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43610745

この記事へのトラックバック