2011年05月02日

microKEY のケース

KORG microKEY のケースを作った。
さすがに使うたびに箱から出し入れするのは面倒。 布のケースに入れておけばほこりよけにもなるし、場所もとらない。
今回も和風の柄で。形は LX3 ケースの応用でできる。

ケース
採寸。竹の定規が欲しい。

ケース
設計図…のようなもの。当初、フラップにひもをつけようと思ったがやめ。
黄色の線は、表地・裏地それぞれをあらかじめ縫っておく。
橙色の線は、裏地は縫いつけて良いが表地は縫わない。
そして、それ以外の箇所は、表地と裏地を、裏返しに合わせて縫い付ける。

ケース
ちゃんとしつけをして、丁寧に…。

ケース
表と裏を縫いつけ完了。表地の一部のみ、あけてある(前出の橙色の線)。ここから全体を裏返す。

ケース
裏返した後、表地の残り部分を縫い付けて完成。この箇所だけ、縫い目が見えることになる。

ケース
ケース
完成。以前 Net book 用のケースを作ったとき、余裕をとらずに作ったら ぱっつんぱっつんになってしまったので、今回は余裕を持たせた…が、やや余裕ありすぎ。
フラップの固定は、ひもにした。以前買った ナイロン巾着(分解して生地をとった)のひもがあったので、そのまま使用。これで十分。

小物を入れるポケットは一切なし。あくまでもほこり・傷よけなので、小物は別に保管する。

制作時間 のべ2時間 くらいかな。
これで、こういうのの裏地に使える布が底をついた。また買ってこなくちゃ。
posted by Syrup 2/3 at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 手芸
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44668891

この記事へのトラックバック