2013年10月06日

DAW の変更を検討中

もう少し調べてからだが、FL STUDIO への乗り換えを検討しようと思う。

追記3(Oct.5,2013)DXi 対応打ち切り!?
追記4(Oct.5,2013)wrapper で DXi 対応可能
追記5(Oct.6,2013)一時的な変拍子を作りにくい
追記6(Dec.17,2013)変更を保留

今使っている DAW は、UA-25EXCW についてきた SONAR 8.5LE。
機能としては大きな不満はなく(小さなのはいくつかあるけど)、いくつかの不具合もあるが回避可能なので、使い慣れている事もあり、できるだけ使い続けようと思っていた。
が、ここへ来てローランドが Cakewalk 売却で基本合意というニュース。
もちろん、今使っている SONAR が 明日使えなくなるわけではないのであるが、やっぱり気分のいいものではない。

乗り換えるとしたら、どの DAW が良いだろうか。

SONAR を使っていたことで、ある条件ができてしまった。
それは、DX/DXi プラグインに対応していることが必要、というもの。 少し古い Cakewalk プラグインは VST ではなく DX なのだ。 Sonitus シリーズや TTS-1 は DX/DXi で、これらは乗り換え後も使いたい。
VST ラッパーも考えたが、どうも使えそうなものがない(かなり古いものはひとつ見つけたが)。
※ TTS-1 は MUSIC CREATOR 6 に付属。TTS-1 のためだけに購入した。

その理由から、ほぼ必然的に FL STUDIO が候補に絞られた。
FL STUDIO 11 で、DX/DXi のサポートが打ち切られたもよう。HOOKUP の製品紹介には「DX/DXi に対応…」と書いてあるのに。
海外サイトで wrapper を発見。TTS-1 が FL で発音することを確認した。
…って。それあれば FL STUDIO にこだわる必要ないじゃん。 Studio One とかもあるよ?
あ、あと考えてみたら sonitus も使ってないや。TTS-1 だけだ!


MUSIC CREATOR があるので、安価なクロスグレード版を買うこともできる。
こういう記事を見つけたというのも、気持ちが傾いた理由。
いや、ボカロユーザではなく、UTAU ユーザなんだけど。


っと、製品ウェブを見ながらここまで書いて、重要なことに気づいた。
ASIO 対応オーディオ I/F が必要とのこと。 メインの I/F (iCon uDAC2) は ASIO 対応でないので、どうしよう。 WASAPI は使えないんですかぁ?
やっぱり SONAR 8.5LE を使い続ける事になるだろうか。

追記(Oct.5,2013): ASIO4ALL を使う事でとりあえずはいけそうである。 あとは FL STUDIO がバックグランドになったときに、オーディオデバイスを開放することができるかがチェックポイント。
開放できないと、UTAU との同時使用が難しい。

追記2(Oct.5,2013): 早速、デモ版をダウンロードして動かしてみた。 踊る FL chan がカワイイ(笑)。 パターンの長さって、どうやって変えるんだろう。 まあ、おいおい調べていこう。
さて、オーディオだが、Settings で、「Auto Close Device」にチェックを入れておく。
FL→UTAU にウインドウ移動すると その時点で FL が (ASIO4ALL が?) オーディオデバイスを開放する。これはOK。
UTAU でもちゃんと uDAC2 から音が出る。OK。
UTAU の発音が終わってから FL に移動する場合は、問題なく FL でも発音する。
ところが、UTAU で発音中に移動したら、ASIO4ALL が uDAC2 をつかむ事ができないらしい。 音が鳴らなくなる。
回復させるには、一度 ASIO パネルを表示して閉じる。 そうすると、ASIO4ALL が uDAC2 をつかみ直してくれるようだ。
ちょっと手間だが、なんとか UTAU との同時使用ができる。
SONAR で同じことをやってみたが、こちらは UTAU の発音が終わるのを待ってから 実際のウインドウ移動が起きて、移動後も問題なく発音できた。 こちらのほうがスマートではある、のかな と思う。
追記5B(Oct.6,2013):ASIO4ALL を 2.11beta に上げたら、FL に戻ったときに uDAC2 をつかみ損ねることがなくなったようだ。
ただし、UTAU で発音中に FL に変えると、UTAU の発音が PC 内蔵オーディオに切り替えられる。


追記5(Oct.6,2013):途中で一時的に拍子が変わる曲を作りにくい。
もともとがダンス系音楽に特化したソフトな(らしい)ので、4/4拍子が一番作りやすいようだ。 全体が 3/4 とか 7/4 拍子であれば、問題なく作れる。 ただし一拍は四分音符以外設定できないもよう。
SONAR のように、拍子チェンジを曲中に挿入する、なんてことをするメニューが見当たらない。 ネット検索しても、今のところ見つかっていない。


追記6(Dec.17,2013):変更を保留する事にした。
とりあえず Windows8 でも SONAR 8.5LE は使えるらしいし、64bit だとしても使う方法はありそう。
もともと LE なのでメーカーサポートも期待していないし、なにより使い慣れてしまったから。
posted by Syrup 2/3 at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/77419531

この記事へのトラックバック