2013年10月23日

E-M1 到着

発売日から4日遅れになったが、E-M1 が届いた。

E-M1
すでに届いていた HLD-7・BLN-1 と、今日 届いた箱。

E-M1
箱から何から真っ黒。 ボディとレンズを入れている袋さえ真っ黒。

E-M1
E-M1 のために買っておいた SDHC カード。 Exterme Pro をおごった。
ストラップは、E-5 で買った CSS-P113 。 2 本買って 洗い換えと思ってとっておいたもの。

E-M1
液晶保護シートは、ややずれてしまったけど まあ、いいや。 ストラップも取り付けて、OM-4Ti と記念写真。
やはりよく似ている。

E-M1
上から見たの図。


E-M1
E-M1
ファーストショット。 ISO1600 の ラージ・ノーマル JPEG 。
それでこれだから、E-5 よりも高感度はよい事が分かる。


さて、少し思うところ。 ややネガティブなことばかりになるかもしれない。

これは こういうものだから仕方ないのだけれど、小さい。 やはり右手の小指が行き場を失った。
そのために HLD-7 も買ったわけだが、これがまたちょっとやっかい。
本体に1本、HLD-7 に1本の電池が入るのだが、本体側の電池を交換するには、当然 HLD-7 をはずさなければならない。 これがけっこう面倒だろう。
今の時点では 本体側に電池を入れず、HLD-7 側だけで運用しようと思う。
そして、HLD-7 を付けると大きくなるのはいいのだが、カメラバッグに入らなくなってしまった。 うーん、想定外 … でもないだろう。 E-3+HLD-4 のときもバッグに入らなくて困ったことを、いまさら思い出した。

機能が豊富で、設定もいろいろ出来るのはいいのだが、ややこしくてわけが分からなくなった。
どの操作子にどの機能を割り当てればよいのか…。 これは少しずつ考えて、直していくしかないだろうな。
設定をファイルに書き出すとかの機能があればよいと思う。 おいおい、それができるか調べよう。

本体のフォルムは、名前からしてそうであるように OM シリーズそっくり。
E-M5 では「えええ?」と思ったが もう慣れたし、やはり「カメラらしい」ということで認める。
E-3・E-5 よりも、ボタンのつくりが大きくなり、間隔も広くなっている。 これは押しやすくなって良い改善だ。 あとは冬季に手袋越しで使えるかどうか。

それにしても、もう少し大きくなっても良いからバリアングル液晶が欲しかった。 返す返すも惜しいところ。

シャッター音は意外と静か。 E-PL3 がけっこううるさかったので少し心配していたが、これくらい静かなら OK。
ちょうど E-一桁と E-三桁の音の違いとおなじか。

12-40mm レンズ。
あ、フォーカスリングもズームリングも、ゴム張りではないのか。 へえー。
マニュアルクラッチ機構。 どうも AF では AF+MF が出来ず、MF では MF だけ という動きになるようだ。
まあ、いいのかな?

なんのことはない、AF モードが「S-AF+MF」ではなくて「S-AF」になっていただけ。



残念だが今週は天気が悪い。 ためし撮りにはちょっとなあ、と思う。
悪条件でどうなるか、が最初に試すことができる、と思えばよいのか。
レンズが 9-18mm と、12-40mm しかないのが少し物足りないか。
FD マウントアダプタもあるけど。
あ。ニコンF のアダプタも買っておけばよかった…。
posted by Syrup 2/3 at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/78948418

この記事へのトラックバック