2014年04月01日

テトフォン

3月に 衝動的に購入した、密閉式ヘッドホン。
以下、購入動機やレビュー(雑文と言った方が合っているので 信用しないこと!)などを。
※ 友人に伝えたメールを元にしているので、いつもと文体が「違います。」


これまで、AKG Q701 をメインで使ってきました。
このヘッドホンは たいへん良いのですが、いかんせん開放型。 音漏れが激しく いっしょの部屋にいる人が気になるようです。
そこで 主に制作に使う用に、モニタむけの密閉型ヘッドホンを導入することにしました。

候補は
  1. SONY MDR-CD900ST
  2. SONY MDR-7506
  3. AKG K272HD

1 は、定番中の定番。間違いはないでしょう。
2 海外ではこちらが多いという話を聞きます。
3 Q701 と同じ AKG なら、という考えです。

だったのですが、購入したのはどれでもなく FOCAL 製 Spirit Professional でした。
音楽情報誌(どちらかと言うと演奏・制作向け)で紹介されていたのですが、 ある 決め手があり、衝動的に購入を決めました。

購入元は、フジヤエービックさん。 価格コムで調べた時点では最安値でした。

さて、届いて開封。
FOCAL
FOCAL
つくりのよさや塗装の質感、なにより箱のゴージャスさ(笑)。 さすがにこの値段だけはあります。
(でも、スポンジの一部は接着が取れてしまっていましたが)

意外とハウジングは小さかったです。 耳をすっぽり覆うのを期待していたのですが、やや耳介を詰め込む感覚があります。
私が使うには、左右反対に装着できることが必要です。 自分の耳が左右で特性が違うので、反対に聞いて バランスを確かめるためです。
なんとか、それはできそうです。
実はこの理由で、上に挙げた 3 モデルのうち、1 と 2 は落ちるのです。
イヤーパッドが傾斜しているので、左右を入れ替えると装着状態が変わる。


ちょっと側圧が高めです。長時間の使用はキツイかもしれません。
どう頭を動かしてもちゃんとついてくるフィット感があります。
今はいいけど、密閉式なので夏は蒸れるかなあ、と、ちょっと心配です。

FOCAL
ケーブルは、4m のカールコードと 1.4m のマイク付きストレートコード。
マイクはいらないし、よけいなものが入っていると音にも影響がありそうな気がするので、4m のほうを使います。
4m と言っても、カールコードなので実質 1m くらい。
しかし長さがあるぶん、重さもあります。 軽い USB DAC を使っているので、テーブルから落ちないように気をつけないといけません。
交換ケーブルも いつか試してみたいです(音の面より取り回しの改善で)。 あれば、ね。


さて、音ですが。 あまりエージングしていませんけども。
再生は NuForce uDAC2。 ASIO4ALL 経由で SONAR で鳴らします。 ソースは自作曲。
(この時点で、いろいろと 音の評価にならないだろ、と突っ込みが入りそうですが)

Q701 と比較すると、高域の伸びがいまひとつ。 そこに やや物足りなさをおぼえます。
周波数特性は Q701 の 10〜39.8kHz に対して Spirit Professional は 5〜22kHz 。 数字どおりとすれば、ローには強くてハイは弱いことになります。
たしかに、言われるとそんな気がしてきます。
密閉型らしく、低音がズンズン響きます。 その一方で高域はおとなしめ。 というか、なんだかスパっと切れているかんじ。
まあ、比較すると、ってところなんですが。 聞き疲れしなさそうではあります。
エージングが進んで、高域も出るようになってきたように思いますが、 uDAC2 の高域の暴れが、いい感じに抑えられているのかもしれません。
元のテキストを書いた後、uDAC2 に改造を施した結果 Q701 でも高域の暴れが抑えられた。
でもひとつひとつの楽器、特にシンバルの音とか、くっきり聞こえてきます。 解像感がある、というのでしょうね。これは Q701 と同等以上と思います。
また、Q701 の広がりや軽快さに対して、こちらは音に密度・重さがあります。
へんなたとえですが、 Q701 は音の粒が降って来る感じ、 Spirit Professional は 音の棒で突かれている感じ。
ちなみに Spirit Professional を聞いた後に Q701 に替えると、 天井が抜けたかのような開放感と、ほんの少し音程があがったような錯覚をおぼえます。

追記:書き忘れました。 演奏のモニタには全くと言って良いほど、使えません。 ハイが出ないので、演奏して気持ちよくないのです。
ミックス用には適していると思います。 今回はミックス用途なので、ok。



「で、結局どっちが好みなの?」
実は 迷わず Q701 です。



でも。私には FOCAL でなければならない 理由があります。

FOCAL
FOCAL
この、ハウジングとバンドの接続部に描かれたブランドロゴ。
どう見ても、重音テトのツインドリルじゃありませんか!
だから私は これをこう呼びます。

テトフォン
posted by Syrup 2/3 at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/92162543

この記事へのトラックバック